民間の発想で新しい保育サービスを

  • コーポレートサイト
  • 法人向け保育施設・子育て支援企画
  • 個人向け総合保育サービス
  • Kids com イベント情報
  • Kids com Farm 自然体験開拓村

専門職採用サイト

タスクフォースの保育

ラビットクラブで働く先輩シッターの紹介

大阪エリア2013年入社奥田万起子さん(●歳)

家庭と仕事を両立できます!

2人目の子どもが生まれたとき、ベビーシッターの方にお世話になりました。明るく気遣いも素晴らしい方で、安心しておまかせできました。私も子どもが大きくなったらベビーシッターをしてみたい!それが、この仕事を始めたきっかけです。家庭と仕事の両立もしやすく、いろいろな方に出会えるので、自分の刺激になります。

  • 仕事の特徴は?
  • 今は、会員様宅でのシッティングが中心です。たとえば、お母さまが外出後、お子さまの好きな絵本を読んだり、プラレールで遊んだり、おやつを食べて、お勉強をしたりなどして過ごします。そして、お母さまが帰宅されたら、お子さまのご様子を報告。頻繁にお伺いする会員様宅の場合、あまり慣れすぎないようにも気をつけています。

  • 印象に残ったエピソードは?

    病院内でのシッティングで出会った、少しハンデのあるYちゃん。私の腕の中で一生懸命ミルクを飲み、何度も手術して痛い思いをしながらも、澄んだ瞳で私に笑顔を向けてくれました。ご両親もいつも優しく、私にも気遣いをしてくださるなど、いろいろなお子さま、一生懸命に支えるお母さまたちの姿に、学ぶものが多かったです。

  • 休日の過ごし方は?
  • 仕事をする上で心掛けていることは、お母さまの安心、お子さまの安全、そして、自分自身がプラスアルファの働きをすることです。そうした想いや仕事が認められ、2度目、3度目の訪問時に、お母さまとお子さまが笑顔で迎えてくださるとやりがいを感じます。これからもずっと、初心を忘れずに仕事に取り組んでいきたいです。

福岡エリア2003年入社笛 昌子さん(51歳)

楽しい気持ちを持ってチャレンジ!

私たちシッターは初めての会員様宅に行くとき、とても緊張します。でも、子どもを預けるお母さま方は、もっと緊張されているんです。その不安をどれだけ軽減し、安心してもらえるかということを考えて業務に当たっています。保育業であり、サービス業でもあるのがベビーシッター。自分自身でも、楽しい気持ちを持って仕事に取り組んでいます。

  • 仕事の特徴は?
  • 通常の会員様宅でのシッティングをはじめ、保育園での保育補助業務、ホテルやコンサート会場でのイベントシッティングも行っています。イベントシッティングでは複数のシッターさんが集まり業務を担当しますので、そのリーダーを務めたり、カリキュラムを考えたりと、とてもやりがいがあります。会員様宅だけではなく、イベントなどでシッターさん同士が協力して行う仕事もあるため、仲間がいて楽しいなと感じます。

  • 印象に残ったエピソードは?

    生後7日目から小学校5年生に成長するまで、ずっとシッティングをさせていただいたお子さまがいました。産前産後のお手伝いから、保育園の送り迎え、やがて小学校・塾の送迎になり、なんとお母さまの代わりに授業参観に行ったことも!それだけ信頼していただきながら、お子さまの成長を見守ることができて、とてもありがたい経験でした。

  • 休日の過ごし方は?
  • お子さまに寂しい思いをさせず、いっぱい笑って楽しんでもらう。そして、「この人に預けてよかった」とお母さまに思ってもらう。それがベビーシッターの仕事だと思います。そのためには緊張感を忘れずに、お母さまやお子さまの気持ちに寄り添うことが大切です。常にレベルアップを心掛け、どこにも負けないシッター集団になっていきたいです。

東京エリア2014年入社藤淵早咲さん(21歳)

保育経験のない私でも安心!

大学卒業後は幼児英語教育に携わりたいと考えています。そこで、在学中に経験を積んでおこうと思い、ベビーシッターの仕事を選びました。会員様宅だけでなく、保育施設での補助業務もあり、そこで先生方に教えていただいたことを、通常のシッティング業務で活かすこともできます。私のような保育未経験者でも安心して仕事ができる環境です。

1日の流れ
  • 仕事の特徴は?
  • 会員様宅でのベビーシッターだけでなく、保育園やイベントシッティングなどのサービスも行っています。利用される方にとって便利なだけではなく、働く側としてもいろいろな仕事が経験できるのでおもしろいです。子どもが好きな方なら、どなたでも向いていると思います。おむつの替え方すら知らなかった私ですが、今では本当に楽しく仕事をしています。

  • 印象に残ったエピソードは?

    最初は自分を警戒していたお子さまが、次第に心を開いて私になついてくれたり、手作りのプレゼントをくれたりすると、とても幸せな気持ちになります。初めて会ったときは1歳だった男の子がいて、その頃はほとんど言葉が話せなかったのに、今では2歳になり、最近になって初めて、「シッターさん大好き!」と言ってくれて本当に嬉しかったです。

  • 休日の過ごし方は?
  • 仕事だからといって、ただ単にお子さまの身のまわりのことを手伝ったり、お母さまの代わりに何かをしてあげるのではなく、それが本当にお子さまのためになるかどうかという視点を持って取り組むように心掛けています。今現在のお子さまの幸せだけでなく、未来の幸せまでも考えて保育やシッティングをしていきたいです。

東京エリア2014年入社藤淵早咲さん(21歳)

日々のシッター業務を自分自身の子育てに
活かせることも魅力

何か困ったことがあれば、「いつでも」「すぐに」本部のディレクターが電話で対応してくれるところです。保育のこと、細かな業務上の手続き、道迷いのトラブルなど、24時間いつでも対応してくれるので安心です。 また、日々のシッター業務を自分自身の子育てに活かせることも魅力の一つです。直営保育園の都市型保育園ポポラーで保育補助業務に入ることもあるのですが、そこでの先生の保育の様子、指導の仕方、遊び方などを見て、家庭でも参考にさせてもらっています。自分の子にちょっと甘すぎたかな・・・と反省中です(笑)

1日の流れ
  • 仕事の特徴は?
  • 1歳の女の子がいる会員様宅で、よく行かせていただいているお宅があります。人見知りな子で、最初は慣れてもらうのに苦労しましたが、今では私が声をかけると声を出して笑ってくれるんです。この前は予防接種にも同伴させていただきました。注射を怖がって少し泣いてしまいましたが、私が抱っこすると安心して泣き止んでくれます。その様子をお母さまに伝えるとほっとした表情で喜んでくれて、こうしたお母さまやお子さまの笑顔が私のやりがいになっています。

  • 印象に残ったエピソードは?

    今のお母様たちは忙しく、子どもと接する時間が少なくなってきています。そんな中でも、強くたくましく、人として立派な人に育つように、土台となる大事な幼少期を愛情持って子育てのお手伝いをしましょう!たくさんギュッとして心を育ててあげてくださいね。

横浜エリア2012年入社ラビットさん(34歳)

必要とされている仕事です!

先にラビットクラブで仕事を始めた友人から誘われたのがきっかけです。もともと子どもが好きなので、保育の仕事ができるなら頑張ってみよう!と働き始めました。最初は慣れるまで大変でしたが、ポポラーでの保育補助でも、会員様宅でもベビーシッターの力が必要とされているなと感じます。いろいろなお子さまとふれあえるのが楽しいです。

  • 仕事の特徴は?
  • 今は、ポポラーでの保育補助業務にもあたっています。仕事内容は多岐にわたっていますが、何よりも大切にしているのは、子どもたちの安心・安全です。おもちゃの取りあいになっていたり、部屋で走りまわる子どもがいたりしたらしっかりと注意します。また泣いている子どもがいたら声をかけるなど、常に子どもたちの様子に気を配っています。

  • 印象に残ったエピソードは?

    毎週のようにお伺いしていた会員様宅で、小学2年生の元気な女の子がいました。お母さまの誕生日に何かプレゼントをしたいということで一緒に考えて、手作りのカードをつくるお手伝いをしました。お母さまには内緒で、何日もかけてつくったので、思いがけないプレゼントに喜んでいただき、本当に嬉しかったし、楽しかったです。

  • 休日の過ごし方は?
  • 子どもが好きで負けず嫌いな方が向いています。ポポラーでは多人数の保育を担当し、会員様宅では、いろいろな個性を持ったお子さまが相手なので、どんな状況にもフレキシブルな対応が要求されます。慣れるまでは大変ですが、多くのシッターさんが今必要とされていることも感じます。私も体調に気をつけて、子どもたちに楽しんでもらえる保育をしていきたいです。

先輩スタッフ紹介一覧へもどる

子育てにかける想い

詳しくみる

求める人材像

詳しくみる

保育園での教育実習を
ご希望の方へ

詳しくみる

お仕事紹介ムービー

詳しくみる

ポポラーに潜入

詳しくみる

フォトアルバム

詳しくみる

キッズコム事業

詳しくみる

ページトップへ

ページトップへ