ダミー

先輩スタッフ紹介

05

浅野 悦子

  • 2000年アルバイト入社
  • 第一営業部

現場での保育スタッフの経験を活かし、
新園の立ち上げからスタッフの指導まで幅広い業務に従事。
育休復帰後、一児の母親として、復帰前と変わらず仕事をこなす。

仕事の特長

しっかりと魅力を伝え、一緒に働きたいと思われる仲間を増やす事

第一営業部は施設営業部、委託営業部、BS営業部の全営業部が、スムーズかつ円滑に仕事が出来るよう、全体の連携を図って業務を推し進める部署です。例えば、施設営業部の求人を出すときに、委託営業部も同じ地域で求人計画がないかを確認、その連携をとることで、効率よく仕事が出来るようにしています。また、各園が整理整頓、掃除、おいしい給食作りなど、一つ一つ正しく出来ているかをチェック。子ども達はもちろん、スタッフ達も気持ちよく仕事ができるよう、本部からバックアップしています。
部の中には大きく分けると「人材」と「運営管理」があり、私は「人材」を担当しています。当社のことを知らない人に、当社の魅力を伝え、一緒に働きたいと思ってもらい、仲間を増やすことが使命。そのため、会話の一つ一つに気を配りながら応募者の方と話しています。また、人材業務の重要性をしっかりと理解してもらうためにも、当社の過去を知らない後輩スタッフとの会話も大切にしています。

うれしかったエピソード

涙、涙。もらい泣きするスタッフが続出

毎年、全社あげての「年末研修会」を行っています。そこで、その年度の優秀園や優秀スタッフの発表をするのですが、選ばれたスタッフは嬉しさのあまり、涙、涙で話もできないほどに。その涙を見て、もらい泣きするスタッフが続出します。本部が大阪と東京に分かれていますし、営業所も全国にあり、スタッフ全員が毎日顔を合わしている訳ではないですが、みんな同じ思いを持って、同じ方向を向いて取り組んでいるんだなと実感できる貴重な場。毎年とても胸が熱くなります。

この会社を選んだ理由

日に日にもっと真剣に取り組みたい、もっとこうしたいという想いが強くなる

私は今から15年以上前に、保育スタッフのアルバイトとして入社しました。その頃を思い出すと恥ずかしながら、明確な想いがあって入社したとは言い切れないかもしれません。でも、アルバイトとして採用された勤務先の園で、園に来ている子どもたちがどういう大人になってほしいか、子どもたちが過ごす環境の大切さ、保護者との関わりなど、自分が考えてもいなかったことを教わりました。とても楽しく充実した毎日でしたが、同時にこの仕事を簡単に考えすぎていたと気づかされ、日に日にもっと真剣に取り組みたい、もっとこうしたいと思うことが多くなり、現在に至っています。

タスク・フォースは「人を育てる」会社です。タスク・フォースは「人を育てる」会社です。

ページのトップへページのトップへ