鈴木 節子

先輩スタッフ紹介

06

鈴木 節子

  • 2013年入社
  • 経営管理本部 秘書係(総務課兼務)

社長秘書と総務課を兼務。
当社の考え方や代表の思いに人一倍触れ、
日ごろの業務にあたる彼女の
秘めた思いとは…

仕事の特長

どんなオーダーにも臨機応変に対応出来る様、常に新しい情報や手段を学び備えている事が何より大切

秘書係

当社代表の庶務全般をサポートするという仕事です。
代表は毎日過密スケジュールの中、分刻みで精力的に日々の業務をこなしていますので、常に業務に集中できる様、補佐しています。 具体的には、外部取引先様や社内各部署間とのスケジュール調整、慶弔関連、中元歳暮手配等の交際業務に関わることの他、 来客対応、電話応対、会議資料等の文書作成及び整理、 オフィス環境の整備などを担当しています。
社内で社長秘書をしているのが自分一人というのは、責任重大です。 代表がどんな展望を未来に見て動いているのか、何を望み必要としているのかを常に意識しています。 又、どんなオーダーにも臨機応変に対応出来る様、 常に新しい情報や手段を学び備えている事が何より大切だと強く感じています。 代表は非常に多忙なため、1から10まで細かく指示できない時もあります。そのため自ら「代表の求めているもの(クオリティや目的)は何か」を常に意識する様に心がけています。 代表の指示を待つだけでは無く、自ら代表の必要としていることを考えて提案をしたり、積極的に行動に移すことも大切です。 そして何より、日頃から各部署間のスタッフとのコミュニケーションをとることで、社内全体をより深く知り、代表の業務を更にスムーズに進めていける様努力しています。

どんなオーダーにも臨機応変に対応出来る様、常に新しい情報や手段を学び備えている事が何より大切

うれしかったエピソード

担当スタッフが辛い経験をしながら学び、成長して、最後に大きな笑顔を見せてくれた時は、心底感動しました

代表は日々の過密スケジュールの中、常に何百人という従業員個々に至るまで一人一人がやりがいを感じ、当社独自のサービスを提供できる喜びと共に常に成長し続けられる環境を用意しよう!と心を砕いています。
各種イベント企画も、システム開発も、様々な会議体への積極的な参加も含め、ありとあらゆる場面で、時にはサプライズも交えながら、本当に精力的に動いているんです!私は代表の補佐をしながら、その時の担当スタッフが辛い経験をしながら学び、成長して、最後に大きな笑顔を見せてくれた時は、心底感動しました。何より代表自身も喜んでいたのではないかと思います。

また代表は「秘書はマニュアルが無い業務である」と深く理解されているので、私に対し大変忍耐強く、繰り返し丁寧に指導してくださるのは感謝以外の言葉が無いほどです。
やりがいは、有り過ぎて書き切れません(笑) 毎日、自分を向上させる努力を続けられる環境は、本当に恵まれていると思います。どの仕事も同様だとは思いますが、上司や仲間、取引先様から信頼される人間になることは、とても重要なことです。その為にいつも謙虚で正直であること、マナーや身だしなみ、言葉遣いや周囲への気配りが如何に重要かを日々気づかせて頂いています。
私の日々の業務範囲では、直接お客様と接する機会はほぼありませんが、仲間が最高の笑顔で業務にあたってもらえるよう全力でサポートすることで、私自身も当社に関わって下さるお客様へ最高のサービスを提供できていることを嬉しく思っています。

担当スタッフが辛い経験をしながら学び、成長して、最後に大きな笑顔を見せてくれた時は、心底感動しました。

この会社を選んだ理由

人を喜ばせたい!と強く思い、その達成の為に会社全体が1つにまとまり、互いに支え合いながら邁進する

入社を決めたきっかけは、恥ずかしい話ですが「当時の自分が働ける範囲内で」という安易な動機でした。
入社当初から総務課に配属頂いたのですが、代表を初めとする経営陣の方々や社員スタッフと直接関わる時間が増えるにつれ、 人を喜ばせたい!と強く思い、その達成の為に会社全体が1つにまとまり、 互いに支え合いながら邁進する姿に心底感動しました。 今は自分自身がその輪に加わらせて頂いていることに心から感謝しています。

人を喜ばせたい!と強く思い、その達成の為に会社全体が1つにまとまり、互いに支え合いながら邁進する

タスク・フォースは「人を育てる」会社です。タスク・フォースは「人を育てる」会社です。

ページのトップへページのトップへ